イベント情報

2/27(土)より、第6期女流王座戦の海外招待選手を決めるオンライン選抜大会が開催されます。今年で3回目の開催となります。今年はどの国から招待選手が選ばれるのでしょうか。是非ご注目下さい。
今期から、直近の対局予定が自動で表示されるようになります。観戦できる対局を選ぶのに便利ですので、是非ご覧頂き、選手の皆さんを応援して下さい。

よろしくお願いいたします。



ついに世界の将棋普及のレベルがここまで来ました。「World Shogi League」(世界リーグ)の開幕です。

 WORLD SHOGI LEAGUE 

こういうことがいつか起こる日を夢見て、YouTubeで動画を配信し、そして81Dojoを展開してきました。ついにここまで来たかと感動しています。

このWorld Shogi Leagueは、世界各国が参加するチーム制の年間シリーズリーグとなります。1チーム3名(+α)の編成で、毎月1局のペースで1年間を戦います。1リーグあたり10チーム強で、A級、B級、C級、、、とランク別にリーグを分け、毎年入れ替えをする形です。早速40チームを超える大盛況ぶり。本当に凄いですね。

そして、これが世界中の将棋ファンたちが一緒になって自分たちで企画した、というところがポイントです。数年前までやっていた81Dojo公式大会のように、私が呼びかけたとか、 81Dojoが企画・主催したとかではないのです。世界中の人達が集まり自分たちの力でここまで実行できる時代が来たのです。

なお、日本からは2チームが参加しています。A級に出場する「Japan1」チームには、私も選手として誘って頂き、チームに加わらせて頂くことになりました。いつも開発ばかりで将棋が指せていませんが、こんな素晴らしい大会に参加できることを大変嬉しく思います。

そして、時を同じくして、81Dojoのシステムリニューアルが完了し、81Dojoのユーザ主催大会運営機能が間もなくスタートします。テストを兼ねて、その新機能をWorld Shogi LeagueのA級とB級に適用してみたページがこちらになります。
あくまでテスト用に適用してみただけなので、World Shogi Leagueの成績管理は本家サイトの方で行われますが、上記の対戦表でも対局結果が自動で更新されたり、対局者同士が日程調整をすることも出来ます。日程調整をすると、各自の対局スケジュール一覧なども生成される仕組みです。

そして、この機能は今後一般ユーザの皆さまにも順次開放していきますので、81Dojoで大会開催をしたい方は是非楽しみにして下さい。参加申し込み受け付け、対局日程管理、成績集計、棋譜へのリンク、最新結果通知など、すべてシステムでサポートするのでとても楽に運営が出来るようになります。

もう暫くしてシステムが完成したら、最終テストを兼ねて、81Dojoの公式タイトル争奪のトーナメントを久々にいくつか開催させて頂きたいと思います。その際は是非ご参加をお願い致します。

 


10月3日に東工大くらまえホールで開催されました、将棋を世界に広める会・20周年記念シンポジウム「新しいステージに入った将棋の世界普及」にパネラーとして登壇させて頂きました。

私からは、「5年での変化と今後の課題」というテーマで、これまでの海外普及活動や今後の展望についてお話をさせて頂きました。講演の様子は、関係者の方の多大なご協力によりYouTubeやニコ生で公開されていますので、興味のある方はご参考になさって下さい。

筆者パネラー講演「5年での変化と今後の課題」
 
スライドもISPSのサイトで公開されています

また、この10月に海外初の女流3級となられたカロリーナ・ステチェンスカ先生もパネラーとして日本語による講演をされました。とても日本語が上手になられています。メディアでもあちこちで取り上げられ、まさに時の人。素晴らしいですね。

カロリーナ・ステチェンスカ女流3級パネラー講演
 

パネラー講演のあとは、将棋を世界に広める会の寺尾理事による、海外普及の現状と課題についての分析と総括が、パネラーへの質疑応答を交えながら行われました。いつもながら寺尾さんの調査・分析力は流石ですね。

寺尾理事による分析と総括およびパネラー質疑
 
(※題目としてはパネルディスカッションということで動画には登壇者のみが映っていますので、寺尾さんの姿は映っていないため会場の様子は少し分かりにくいかもしれません)

そして締めくくりとして、羽生名人による記念講演が行われました。毎度のことですが、どの場所でもテーマに合わせて分かり易い構成で話を組み立てられる羽生先生の講演は、いつ聞いても本当に素晴らしいですね。今回もやはり素晴らしいご講演でした。

羽生名人記念講演 
   

羽生名人の講演の中で、「ハム将棋」を紹介される部分がありました。これがニコ生での放送の中で注目を集めたようで、様々なところで取り上げられたようですね。 中でも、将棋ワンストップという将棋情報配信サイトでかなり詳しく取り上げられています。また同サイトでは、パネラー講演やパネルディスカッションの内容についても詳しく内容分析やまとめを作成して下さっています。
このように取り上げて頂くことで、海外普及について皆様に知って頂く機会が増えるのは、本当に有り難いことです。心より感謝したいと思います。

※なお、本記事で全ての動画をご紹介しきれていませんが、全動画はこちらのプレイリストにまとまっています。作成者の方に心より感謝致します。 


いよいよ、第6回 国際将棋フォーラムが今週末(12/6~7)に開催されます。
3年に一度開催される、とても重要なイベントです。是非、今週末は静岡市へ足をお運び下さい。81Dojoでいつも見かける、あの人やこの人、世界の有名な強豪たちの将棋を生で見ることが出来ると思います。次回の開催はまた海外になる可能性もあると思いますので、このチャンスを逃すと次はだいぶ先になるかもしれません。

開催案内はこちら (日本将棋連盟ホームページ、お知らせ)

また、2日間を通じて、総勢20名以上のプロ棋士が参加される予定です。将棋界が一丸となり、将棋を世界に向けて強力に発信する、密度の濃い2日間になりそうですね。
中でも、日曜日に行われるチェスの特別記念対局(羽生名人 vs  デンマークチャンピオン ピーター・ハイネ・ニールセン氏)は必見だと思います。先日、ニコニコ生放送で放送された、羽生名人 vs 元チェス世界チャンピオン ガルリ・カスパロフ氏のチェス対局が、世界中で大きな話題を呼んだばかり。是非、羽生名人が世界トップクラスを相手にチェスをプレイする姿を観戦しにきて下さい。
将棋のトップがチェスのトップに挑み、そして、世界中の多くのチェスチャンピオン達もまた将棋に魅せられる、という大きな核融合が今起こっていることを実感できると思います。

そして最後に、日本で大ヒットの棋書シリーズ「将棋・ひと目の~」の英訳版「Glance Shogi Series」の最新刊である、「Ending Attack at a Glance」(原書: 将棋・ひと目の寄せ)が、現地で初公開され発売となります。こちらも是非、お手に取ってご覧ください。

 


11月22日にドイツのユース将棋選手権が行われます。年に一度の、ドイツの大きな大会です。 (正式名称: 「Deutsche Jugendmeisterschaften Shogi」、日本語訳名: 「ドイツ青少年将棋大会」)
今回の場所はカールスルーエ。ドイツの中で、将棋普及が急速に進んでいる街のひとつです。私は二年前に参加したことがありますが、今回もゲストで呼んで頂けることになりました。
この大会では、ドイツ中のたくさんの子供たちが将棋を指す姿を見れるのでいつも楽しみです。
そして今回は、デュッセルドルフの日本人学校からも、私が指導している2名が参加。実は学校別ランキングというシステムもあるので、上位入賞して日本の力を見せたいところです。賞状をデュッセルドルフに持ち帰れるといいですね。


今回はドイツの将棋普及事情についてご紹介したいと思います。
 140926-0
ドイツの将棋界の全貌は、上のマップを見て頂ければおおよそ理解できると思います。
将棋の普及活動が比較的進んでいる地区を表示してみました。では、ひとつずつ見てみましょう。

(1) マンハイム(正確にはLidwigshafen)、カールスルーエ、シュツットガルト
南西部に固まっているこの3つの地区は、「ドイツ将棋普及都市の3強」と呼んでよいでしょう。各都市とも、現地人の普及推進者がいて、学校などで現地の子供たちにまで普及が進んでいるという素晴らしすぎる状況です。将棋大会などのイベントも頻繁に行われていて、なんといっても毎年11月にこの地域で開催される「ドイツ青少年将棋大会」は圧巻の規模。今年は11月22日に開催予定です。

(2) フランクフルト
ドイツの中心であるフランクフルト地区でも、普及活動が以前から行われていましたが、最近将棋クラブが立ち上がり、凄い勢いで伸びているところです。今後が楽しみです。10月12日に「日本デー」というお祭りがあり、その中で将棋の展示などを行います。私もお手伝いに参加する予定です。

(3) デュッセルドルフ
ヨーロッパで3番目に大きい、5000人の日本人コミュニティがある都市。ここでは、日本人の子供を中心とした将棋クラブがあります。私は、デュッセルドルフの近くのケルンに住んでいるので、このクラブで指導をさせて頂いています。

(4) ハンブルグ、ミュンヘン、ベルリン
全て大きな都市ですが、どこも「かつては将棋コミュニティがあったが最近では活動が無くなってしまった」という状況にあったようです。ところが、最近になって次々と復活の動きが出ています。ハンブルグではクラブ活動が再び始まり、ミュンヘンでも活動が起き始めていると聞いています。またベルリンでは今週末に将棋大会が開催されるそうです。最近の世界的な将棋ブームの広がりが、ドイツ中のあちこちでも新たな動きを生んでいることが実感できます。

さて、先日カールスルーエに出張に行った際、地元の将棋クラブの例会に招待して頂きました。お邪魔するのは今回で3回目だったと思います。
カールスルーエでは、モニカさんという女性が将棋普及を情熱的に引っ張ってらっしゃいます。 3人のお子さんたち全員が将棋を指し、まさに将棋一家。

例会の様子です。
 140926-1 140926-2

クラブの皆さんと対局をさせて頂きました。女性も結構いらっしゃいます。皆さんとても強いです!
140926-3
将棋の書籍やグッズもたくさん揃っていますね。私の翻訳本も置いてくれていました。
140926-4
これは・・・。世界中で将棋ブームを巻き起こしている張本人の足跡がやはりここにも^^。段位が以前のものですから、もうだいぶ前に訪れられたのでしょうね。


↑このページのトップヘ