皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は多くの皆さんに81Dojoをお使い頂き有難うございました。今年も、81Dojoでは新たな動きがいろいろとあります。詳しくはサイトの方でお伝えしていきますので、是非楽しみにしていて下さい。

また、新サイトの方も開発が終盤に差し掛かって来ました。こちらもオープンの際は是非よろしくお願いします。皆の技術を結集して、将棋界をもっともっと便利にしていければと思います。

それでは本年もよろしくお願いいたします。 


現在、81Dojoのスタッフが中心となり呼び掛けを行ったプロジェクトチームにおいて、新しい将棋サイトを準備中です。といっても、対局サイトなどではなく、皆さんの将棋の知識・技術を大幅に高め合うための研究サイトのようなものです。詳しくはまだご紹介できませんが、システムとしては画期的なものになると思います。
リリースは来年を予定しています。 定跡に詳しい方、研究が好きな方は、是非積極的にご利用頂ければと思いますので、楽しみにしていて下さい。
また、これまで長らく81Dojoをお使い頂き、お世話になったユーザの皆様へは、感謝の気持ちをこめて、リリース前の先行登録や上級クラス登録を年明け以降にご案内させて頂きたいと思っています。


静岡市での国際将棋フォーラムが終わり、年末が近づいて来ました。

さて、81道場では、恒例の年末キャンペーン(マイレージ抽選会)がもうすぐ始まります。プロ棋士による指導対局をはじめとして、様々な賞品に応募できます。今週末の告知をお見逃しなく。

さらに、年末年始にかけては、「年越し・どうぶつしょうぎ大会」を開催予定です。こちらも是非ご参加下さい。大会の詳細は近日中に発表致します。


いよいよ、第6回 国際将棋フォーラムが今週末(12/6~7)に開催されます。
3年に一度開催される、とても重要なイベントです。是非、今週末は静岡市へ足をお運び下さい。81Dojoでいつも見かける、あの人やこの人、世界の有名な強豪たちの将棋を生で見ることが出来ると思います。次回の開催はまた海外になる可能性もあると思いますので、このチャンスを逃すと次はだいぶ先になるかもしれません。

開催案内はこちら (日本将棋連盟ホームページ、お知らせ)

また、2日間を通じて、総勢20名以上のプロ棋士が参加される予定です。将棋界が一丸となり、将棋を世界に向けて強力に発信する、密度の濃い2日間になりそうですね。
中でも、日曜日に行われるチェスの特別記念対局(羽生名人 vs  デンマークチャンピオン ピーター・ハイネ・ニールセン氏)は必見だと思います。先日、ニコニコ生放送で放送された、羽生名人 vs 元チェス世界チャンピオン ガルリ・カスパロフ氏のチェス対局が、世界中で大きな話題を呼んだばかり。是非、羽生名人が世界トップクラスを相手にチェスをプレイする姿を観戦しにきて下さい。
将棋のトップがチェスのトップに挑み、そして、世界中の多くのチェスチャンピオン達もまた将棋に魅せられる、という大きな核融合が今起こっていることを実感できると思います。

そして最後に、日本で大ヒットの棋書シリーズ「将棋・ひと目の~」の英訳版「Glance Shogi Series」の最新刊である、「Ending Attack at a Glance」(原書: 将棋・ひと目の寄せ)が、現地で初公開され発売となります。こちらも是非、お手に取ってご覧ください。

 


11月22日にドイツのユース将棋選手権が行われます。年に一度の、ドイツの大きな大会です。 (正式名称: 「Deutsche Jugendmeisterschaften Shogi」、日本語訳名: 「ドイツ青少年将棋大会」)
今回の場所はカールスルーエ。ドイツの中で、将棋普及が急速に進んでいる街のひとつです。私は二年前に参加したことがありますが、今回もゲストで呼んで頂けることになりました。
この大会では、ドイツ中のたくさんの子供たちが将棋を指す姿を見れるのでいつも楽しみです。
そして今回は、デュッセルドルフの日本人学校からも、私が指導している2名が参加。実は学校別ランキングというシステムもあるので、上位入賞して日本の力を見せたいところです。賞状をデュッセルドルフに持ち帰れるといいですね。


↑このページのトップヘ