以前より予告しておりました新サイト「局面ペディア」を先週βリリースさせて頂きました。皆様には早速サイトを活用して頂き本当に有難うございます。リリース後5日間で10万ビューを突破致しました。

さて今回は、局面ペディアについて語る前に、 サイトの開発体制や、後続のプロジェクトについて、ざっとご紹介するだけにしたいと思います。

■ 局面ペディア
kyokumenpedia
今回βリリースしたサイト(http://kyokumen.jp)になります。局面を軸にして皆のナレッジを集約するデータベースです。語り出すと長くなるので、また次回にします。

■ ISCube (アイ・エス・キューブ)
iscube
Innovative Shogi Information System Initiation Scheme (革新的将棋情報システム創生プロジェクト)

「局面ペディア」を開発するにあたり、多数の方々が支援・監督して下さいました。そして、このワーキンググループの枠組みを「アイ・エス・キューブ」と名付けて開発を進めて来ました。(頭文字がI・S・I・S・I・Sとなるため)

局面ペディアは、ISCubeのプロジェクトの一つにすぎません。(といっても、今それしか無いのですが) 局面ペディアはクローズドな状態で開発をしてきましたが、今後はもう少しISCubeの枠組みをオープンに広げ、「色んな人がアイデアを出し合い、そこに技術者も集まりディスカッションして、新しい物があちこちで生まれる」、そんな人の繋がりを生むための皆さんの「旗印」として扱ってもらえたら嬉しいな、と思っています。

「ShogiHub」コンセプト
shogihub
ISCubeの次の大きなプロジェクトとして、「ShogiHub」構想を今膨らませています。要は、海外を意識した超大型のポータルサイトで、文字通りハブとして情報の中心に位置し、そこから各地・各分野の情報へのアクセスルートを提供する存在です。日本の将棋界や各国の将棋事情の最新情報を、世界中に便利に届けられるシステムを目指そうとしています。これは非常に重要なことで、こういった世界向けの情報発信が海外ファンから強く求められていて、そのニーズは飽和状態。さらに将棋を爆発的に世界に広めるためにこれから絶対に必要になることです。
とはいえ、まだ私の中で練ってきた構想をこうやって皆さんや海外ファンにご紹介しているだけの段階。プロジェクト実行チームもまだありませんし、そもそもこのハブの下位に、個別の小プロジェクトがたくさん発生するイメージになると思います。局面ペディアみたいな規模のプロジェクトが、上のロゴ(仮)のコンパスの絵の周りに並んで繋がるイメージでしょうか。

その他
他には、「盤面を携帯で写真に撮ったら、局面を自動認識して局面ペディアに飛ばすアプリ」とか、アイデアは尽きません。
ISCubeは局面ペディア開発の呼び掛けのため急遽非公式に立ち上げたものですが、その形態はまだ定まっていません。アメーバのようにプロジェクトによって姿・形態を変えてもいいと思っています。どんなネタでもアイデアでも構いません。「こんなことやりませんか?」みたいなアイデアがあったら、どんどん繋がりましょう!

最後に、YouTubeで局面ペディアやISCubeについて話をした動画を貼って終わりにします。次回は個別プロジェクトについてもう少し詳しく書いてみたいと思います。

<日本語>
 

<英語>



皆様、明けましておめでとうございます。

昨年は多くの皆さんに81Dojoをお使い頂き有難うございました。今年も、81Dojoでは新たな動きがいろいろとあります。詳しくはサイトの方でお伝えしていきますので、是非楽しみにしていて下さい。

また、新サイトの方も開発が終盤に差し掛かって来ました。こちらもオープンの際は是非よろしくお願いします。皆の技術を結集して、将棋界をもっともっと便利にしていければと思います。

それでは本年もよろしくお願いいたします。 


現在、81Dojoのスタッフが中心となり呼び掛けを行ったプロジェクトチームにおいて、新しい将棋サイトを準備中です。といっても、対局サイトなどではなく、皆さんの将棋の知識・技術を大幅に高め合うための研究サイトのようなものです。詳しくはまだご紹介できませんが、システムとしては画期的なものになると思います。
リリースは来年を予定しています。 定跡に詳しい方、研究が好きな方は、是非積極的にご利用頂ければと思いますので、楽しみにしていて下さい。
また、これまで長らく81Dojoをお使い頂き、お世話になったユーザの皆様へは、感謝の気持ちをこめて、リリース前の先行登録や上級クラス登録を年明け以降にご案内させて頂きたいと思っています。


静岡市での国際将棋フォーラムが終わり、年末が近づいて来ました。

さて、81道場では、恒例の年末キャンペーン(マイレージ抽選会)がもうすぐ始まります。プロ棋士による指導対局をはじめとして、様々な賞品に応募できます。今週末の告知をお見逃しなく。

さらに、年末年始にかけては、「年越し・どうぶつしょうぎ大会」を開催予定です。こちらも是非ご参加下さい。大会の詳細は近日中に発表致します。


いよいよ、第6回 国際将棋フォーラムが今週末(12/6~7)に開催されます。
3年に一度開催される、とても重要なイベントです。是非、今週末は静岡市へ足をお運び下さい。81Dojoでいつも見かける、あの人やこの人、世界の有名な強豪たちの将棋を生で見ることが出来ると思います。次回の開催はまた海外になる可能性もあると思いますので、このチャンスを逃すと次はだいぶ先になるかもしれません。

開催案内はこちら (日本将棋連盟ホームページ、お知らせ)

また、2日間を通じて、総勢20名以上のプロ棋士が参加される予定です。将棋界が一丸となり、将棋を世界に向けて強力に発信する、密度の濃い2日間になりそうですね。
中でも、日曜日に行われるチェスの特別記念対局(羽生名人 vs  デンマークチャンピオン ピーター・ハイネ・ニールセン氏)は必見だと思います。先日、ニコニコ生放送で放送された、羽生名人 vs 元チェス世界チャンピオン ガルリ・カスパロフ氏のチェス対局が、世界中で大きな話題を呼んだばかり。是非、羽生名人が世界トップクラスを相手にチェスをプレイする姿を観戦しにきて下さい。
将棋のトップがチェスのトップに挑み、そして、世界中の多くのチェスチャンピオン達もまた将棋に魅せられる、という大きな核融合が今起こっていることを実感できると思います。

そして最後に、日本で大ヒットの棋書シリーズ「将棋・ひと目の~」の英訳版「Glance Shogi Series」の最新刊である、「Ending Attack at a Glance」(原書: 将棋・ひと目の寄せ)が、現地で初公開され発売となります。こちらも是非、お手に取ってご覧ください。

 


↑このページのトップヘ