10月のパネラー講演でご紹介した、海外向け情報集約サイト「ShogiHub」を先日リリースしました。今回はその内容を少しご紹介したいと思います。

shogihub

海外普及の今の課題の一つとして、情報が分散していて集約されていないこと、「ここに行けば将棋界の最新の動向が掴める」という拠り所が無いこと、です。そのため、パネラー講演でもそのような情報発信源の構築を提案しました。
しかし、すぐに提案が実現するとも限りません。そこで今年の3月から徐々に準備してきたのがこのShogiHubです。Hub(ハブ)というのは、歯車の軸とか、ネットワークの中心という意味で、まさに情報を得る際の軸として使ってもらいたいという思いで名付けました。ShogiHubでは様々な情報をまとめていますが、中でも特に重要視しているカテゴリが2つあります。

(1) プロ棋士の情報と、最新のプロの対局情報

まず、海外の将棋ファンの皆さんに、出来るだけ多くのプロ棋士の名前と顔を覚えて頂きたい、そして、棋士のファンとなり、対局を追いかけて応援して欲しい、という思いがあります。そこで、プロ棋士の情報を集約したページを作りました。

 全棋士・師弟関係図

特にこちらの師弟関係図は、日本のファンの皆さんにとっても興味深いものになっているかもしれません。孫弟子とか、従兄弟(?)関係になっている棋士とか、様々なことが一目で分かりますね。ずっと遡ってみますと、関根金次郎門下の人数の多さに驚きます。

 最新の対局情報

そしてこちらが最新の対局情報です。棋士ごとの対局履歴も見れますので、海外の方でもファンの棋士の対局をフォロー出来るようになります。

(2) 海外の将棋イベント一覧

もう一つ重要なのが、いま世界中で開催頻度が増えてきている、将棋関係の大会やイベントの一覧です。これまではイベント情報が各サイト発信になっていて、告知もFacebookやフォーラムなどでバラバラに行われていました。それではどうしても見落としが発生してしまいます。そこでそれらの情報を全てリスト化出来るものを作りました。

 将棋イベント一覧

イベント主催者は各自で情報をShogiHubに登録することが出来ます。すると、サイトのAtom Feedを購読しておけば、最新の更新情報が送られてくる仕組みです。また、過去のイベント一覧も見ることが出来るようになっていて、各イベント主催者が結果レポートのページを登録することも出来ます。このように過去のイベントの様子や成果を後からでもすぐ見られるようにしておくのは大切なことで、1年後・数年後にとても役立ってきます。

※ 今後に向けて


このようなサイトが定着し、海外への情報展開ルートが定まってくると、今後企画されるイベントなどの周知率が向上してきます。例えば、2年後にも次回の国際将棋フォーラムが開催される見込みですが、世界からの注目度がこれまでより一層高くなるよう、情報発信の仕組み作りを頑張っていきたいと思います。 


10月3日に東工大くらまえホールで開催されました、将棋を世界に広める会・20周年記念シンポジウム「新しいステージに入った将棋の世界普及」にパネラーとして登壇させて頂きました。

私からは、「5年での変化と今後の課題」というテーマで、これまでの海外普及活動や今後の展望についてお話をさせて頂きました。講演の様子は、関係者の方の多大なご協力によりYouTubeやニコ生で公開されていますので、興味のある方はご参考になさって下さい。

筆者パネラー講演「5年での変化と今後の課題」
 
スライドもISPSのサイトで公開されています

また、この10月に海外初の女流3級となられたカロリーナ・ステチェンスカ先生もパネラーとして日本語による講演をされました。とても日本語が上手になられています。メディアでもあちこちで取り上げられ、まさに時の人。素晴らしいですね。

カロリーナ・ステチェンスカ女流3級パネラー講演
 

パネラー講演のあとは、将棋を世界に広める会の寺尾理事による、海外普及の現状と課題についての分析と総括が、パネラーへの質疑応答を交えながら行われました。いつもながら寺尾さんの調査・分析力は流石ですね。

寺尾理事による分析と総括およびパネラー質疑
 
(※題目としてはパネルディスカッションということで動画には登壇者のみが映っていますので、寺尾さんの姿は映っていないため会場の様子は少し分かりにくいかもしれません)

そして締めくくりとして、羽生名人による記念講演が行われました。毎度のことですが、どの場所でもテーマに合わせて分かり易い構成で話を組み立てられる羽生先生の講演は、いつ聞いても本当に素晴らしいですね。今回もやはり素晴らしいご講演でした。

羽生名人記念講演 
   

羽生名人の講演の中で、「ハム将棋」を紹介される部分がありました。これがニコ生での放送の中で注目を集めたようで、様々なところで取り上げられたようですね。 中でも、将棋ワンストップという将棋情報配信サイトでかなり詳しく取り上げられています。また同サイトでは、パネラー講演やパネルディスカッションの内容についても詳しく内容分析やまとめを作成して下さっています。
このように取り上げて頂くことで、海外普及について皆様に知って頂く機会が増えるのは、本当に有り難いことです。心より感謝したいと思います。

※なお、本記事で全ての動画をご紹介しきれていませんが、全動画はこちらのプレイリストにまとまっています。作成者の方に心より感謝致します。 


10月10日に、Android版およびiOS版のモバイルアプリを正式リリースいたしました。これまで、α版とβ版でのテストにご協力下さったユーザの皆様に心より感謝致します。

アプリへのリンクはこちらからどうぞ。
すでに1000人以上の方にご利用頂き、概ね五つ星(★★★★★)の評価を頂いておりますが、まだまだこれから改良を重ねていく予定です。これからも応援をよろしくお願い致します。
今後も良いレビュー評価を頂けますと、ユーザも増えて対局も付きやすくなると思いますし、開発の励みにもなります。応援して下さるユーザの皆様には、是非レビューにご協力頂けますよう、何卒お願い致します。

なお、現状、新鋭棋士の方がレート対局を指すことが出来るのは当方のミスです。新鋭棋士はレーティングが確定するまでの最初の5局だけは、まず正規のPC版で指して頂くというのが意図でした。しかし、挑戦は出来ないものの、対局待は出来るという状態になってしまいました。集客上はその方が良いので、始めてしまったものは暫くこのままでいきたいと思います。モバイルだけで始めたい方は、今のうちに5局消化して下さいね。

さて、アプリの改良を継続する一方、次のプロジェクトにも取り掛かっていこうと思います。次は、道場の基盤システムの大幅リニューアルを計画しています。 現在のシステムでは実現が難しい下記のようなことを実現していくための、システム一新です。
  • ユーザ自身による大会の開催・運営補助機能
  • サークル作成・運営機能
  • アバターの登録機能
  • 棋譜検索の高速化、高機能化
    など
今後ともよろしくお願いいたします。


先日、GoogleプレイストアにてAndroid用アプリのβ版をリリースしました。こちらの注意事項をご確認のうえ、是非お試し下さい。ストア内のアプリのページは、こちら(↓)になります。

  81道場モバイルβ (Googleプレイストアにて一般公開)

当サイトを応援して下さるユーザの皆様のおかげで、高評価点を頂いております。有難うございます。評価が高いほど、ユーザも集まり易くなると思いますので、引き続きレビューにご協力をお願いします。

また、β版よりも開発が進んでいるα版も一部の皆さんに配布中です。こちらは、対局でのマイル獲得再戦機能持将棋計算、などの機能追加に加え、新しく導入する「ミスクリック防止機能」が付きました。
α版は、DeployGateという配布サービスを経由してのインストールとなります。 このブログをご覧の方には、アプリ配布ページをお伝えします。(↓)

  α版 (DeployGateにて限定公開) 

α版のインストールにはパスワードが必要となります。パスワードはこの記事のコメント欄に記載します。


新機能のご紹介
さて、新しく導入する「ミスクリック防止機能」をご紹介させて下さい。(ミスクリックというより、「ミスタップ」でしょうか。)
まず、指し手が確定する瞬間はいつか、という話から。他サイトのアプリを見ますと、指でタッチした瞬間に駒が動くものがあります。例えば将棋ウォーズですね。サクサク動いて大変気持ちが良いものです。しかし、常にミスタッチのリスクと隣り合わせですね。
本物の将棋の再現にいちいち拘る81Dojoでは、少し違います。指し手が確定するのは、手を離した時、です。本物の将棋のルールと同じですね。手を離すまでは戻せるのです。PC版もそのようになっています。マウスのボタンを離した時点で指し手が確定します。マウスを押し下げた瞬間「やばい」と思ったら、押したままそーっとカーソルをずらせば、位置を変更したりキャンセルが出来ます。

さて、指でタッチしてから、離して確定させるまでの間、この時間を有効に使い、今どこのマスを触っているかを見れるようにしたのが、今回導入した「ミスクリック防止機能」です。
mistap
 このように、矢印の向きや、マス目の符号を用いて、今どこを触っているかを表示します。触ったまま指をスライドさせれば、位置を修正することが出来ます。駒によって出る場合と出ない場合があります。例えば歩を突く時はミスがありえないので表示しません。マス目が一つ隣りの場合のみ、矢印の向きで直観的に表すようにしました。2マス以上離れると、符号での表記となります。
この符号は、後手の場合は反転しますが、これもなかなか勉強になります。自分が後手の時に、感想戦で正しくマス目を言えない人が結構いますが、このアプリを使っていればすぐに慣れるでしょう。
ちなみに、感想戦で盤面に矢印を描く時にも、これが表示されます。矢印はドラッグで描くのですが、狙いを定めて押せるタップと違い、ドラッグだと狙いのマスが隠れて見づらいので、なかなか思った通りの矢印が描けなかったりするのです。そのため、このマス目表示機能によって、矢印が格段に描きやすくなりました。

まだ試行錯誤の段階なので、皆さんでお試し頂いてご意見を下さい。徐々に改良していきたいと思います。目障りなので機能ON/OFFつけて欲しい、という方も出てくるかもしれませんね。 


81mobile_soft

前回報告したスマホ版の開発検討開始から1ヶ月が経ちました。ある程度は形になってきましたが、βリリースに向けては細部の調整がまだまだ必要といったところです。

81DojoのFacebookページで、開発中の画面が公開されています。是非、ページへの「いいね!」を頂けると嬉しいです。開発の励みになります。


前回コメントへの回答

さて、前回の記事に意見やコメントを頂いた方、大変ありがとうございました。頂いたリクエストについて、いくつか回答させて頂きたいと思います。
1. Androidで動くものが良い。
もちろんです。シェアから考えて、まずはiOSよりAndroidを優先して考えています。
2. スマホの処理能力が心配なので、観戦→対局などの段階的機能追加を。
処理能力が理由ではありませんが、機能は段階的な追加を予定していて、まずは観戦機能からのリリースを考えています。観戦機能でフィードバックを得ながら、対局機能を造りこんでいきます。
3. PCとスマホでの機能の違いが少なく、有料無料などの区別が無い方が良い。
81Dojoは無料と決まっていますので、有料無料の区別はありません。
一方、81Dojoの特徴は多機能・高機能なので、それら全てをスマホ上で再現するのは難しいと考えています。削らないといけなくなる機能は結構あると思います。
しかしながら、機能がサイトの売りならば、それをしっかり再現しないとスマホ版の意味が無い、というご意見も聞きます。中でも感想戦機能は81Dojoの一番の強みですから、少なくともそれだけは再現しなければならない、と考えました。今のところ、検討中局面の表示、矢印の表示など、観戦する側から見た感想戦機能は初期から織り込みを目指して開発中です。
4. オートマッチングが欲しい。
 あまり81っぽくありませんが、スマホ版なら欲しい機能だとは思いますので、検討はしたいと思います。ただユーザが少ないのでオートマッチングの意味があるかどうかは分かりません。いずれにしても、対局機能が完成した段階でのことですね。


独自のクリックミス(タップミス)対策を

話は変わりますが、スマホ版と言えば、駒移動時のクリックミス対策が大きなテーマだと考えています。
スマホ版をやるからには、81Dojoらしく、独自の機能開発によるクリックミス対策をしたいなと思っています。アイデアはいろいろ考えられますが、上手く組み合わせながら皆さんと一緒に試していければと思います。 


引き続きご意見やコメントは募集していますので、何かあれば是非お願い致します。 


↑このページのトップヘ