当ブログで約1年前に取り上げたハンデ改善案(記事その1記事その2)について、試行実験を実施した結果を81Dojoのお知らせ欄で発表しました。

  81Dojoお知らせ: ハンデ方式の試行実験のアンケート結果

以前の記事でご提案頂いた「駒得」方式の優位性が確認できました。ご発案いただいたWhiteWizard様に感謝致します。「駒得」方式のメリットを、ざっとまとめると次の通りです。
  1. 駒落ちでよく見られるように、「ハンデが逆に上手を利する」というトリック要素が無い
    • 「互いに角を成り込んでも下手だけ駒が取れない」(香落ち等) → 相変わらず取れないがその駒は既に貰っている
    • 「下手だけ大駒の弱点を突かれて攻められ、上手はその弱点が無い」(二枚落ち等) → 相変わらず弱点を突く対象はもう居ないのだが、その駒は既に貰っている
    • 「(そうやって攻め取られた)大駒を敵陣に打ち込めるのは上手だけ。下手だけ相手用の駒を持たされて負担を強いられ、最後は結局大駒を切って攻める側。取られた駒が一周して返ってくるまで大駒を打てる機会は訪れない」 → 上手が落とした大駒を駒箱に「隠滅」せず、下手がちゃんと貰っていて打てるのでハンデとしてフェア
    • 「上手は自分の大駒のケアが不要なため、自陣を顧みず金銀を盛り上がって抑え込む指し方が可能という特権を持つ」 → 大駒を自陣に打ち込まれてしまうのでその特権が無い
  2. 同じ大きさのハンデを実現するのに、駒落ちよりも上手が失う駒が少なくて済むので、下手にとって見た目の抵抗感が少ない。(「見た目の印象ほど差が付いていない」というトリックが無い)
  3. 平手から「相手の駒を取った」に相当するルール範疇内の変更にとどめ、駒の総数を変化させるという平手の枠組みを破った大変更を避けている (「平手とは別のゲーム」という抵抗感を緩和。下手の心理としてハンデ戦にポジティブに取り組みやすい)
  4. 平手と同じように指す(好きな戦法をいつも通り指す)ことを妨害していない
  5. 「駒を打つ」という狙いを早くから意識できることで、持駒の使い方を学ぶことが出来る
  6. 持駒があるので、八枚落ち等で陥りがちな「敵陣突破までは出来るけど、いつまでたってもそこから上手玉を詰ませられない」という初級者の足踏み(楽しめるようになるまでの無駄でつまらない期間)を解消 → 言わば超初級者向けに有効な練習方法である「裸玉 vs 持駒飛車角」等と同様の要素が備わっている
  7. 純粋に1枚を「駒得」することが、どれだけの差に相当するのかを体感することが出来、駒の損得への意識が高まる
■手合いの比較

さて、「駒得」の手合いはどのように測ればよいのでしょう。こればかりはやってみないと分かりませんが、ひとまず「将棋ソフトの評価値」で測ってみました。
  170108-1
同等のハンデとするのに、上手から奪う駒がいかに少なくて済むかがよく分かります。例えば、
  • 八枚落ちを教わっているレベルの人 → 二枚得(飛車角得)を試して下さい
  • 四枚落ちを教わっているレベルの人 → 飛車得を試して下さい
  • 飛香落ちを教わっているレベルの人 → 香得を試して下さい
なお、ハンデ効果が大きすぎて香得未満の手合いが不足するため、「端歩得」のような手合いを追加してみましたが、上手の香車が直射するため、こればかりは気を付けないと上手を利する要素が少しあるかもしれません。(上手の「突き捨てが先に入っている」だけなので、一歩得を生かす前にそれを仕掛けの一部にされた時点でアドパンテージが皆無となる)

■対局作法

最後に、「駒得の対局の始め方」についても提案してみようと思います。
駒落ちでは、両者が駒を全て並べた後、上手が自分で駒を駒箱にしまい、そのあと初手を指す、下手はそれを待っている、というのがちょっとぎこちない手順だなと思っています。
駒得では、以下のようにして頂ければ如何かと思います。
  1. 両者が駒を全て並べる
  2. そこで、先に「お願いします」の挨拶を済ませる
  3. 下手が上手の駒を取る (これが手続き的には初手みたいなもの)
  4. 上手が次の一手 (実質の初手) を指す
これなら、少し「置き碁」っぽい進行になるのではないでしょうか。
(駒を沢山貰う場合はちょっと面倒なので、最初から駒台において、「お願いします」の後すぐ上手が指すでも良いですね)

初級者指導をしている方や、実力の違う者同士に安定的にイーブンに指してもらいたい立場の方など、もしよろしければ駒得方式を試して頂けたら嬉しいです。


2016年1月にWebシステムを一新してから、これまで新機能を整備してきました。今年は仕事上でも個人的にも色々なことが有り過ぎて、開発にかける時間がほとんど取れず、かなりスローペース開発な年となってしまいました。それでも当初の予定としてお伝えした機能がやっとほぼ揃ってきましたので、その中から代表的なもの10個を改めてご紹介したいと思います。

(1) ユーザ主催大会の自動運営 [リンク]
Webシステムで最も実現したかった機能がこちら。ユーザが自ら大会を主催し、対局者同士の日程調整や、対局結果自動集計などをシステムに任せて運営できるというもの。
現在は総当たりのみ対応していますが、今後はトーナメント形式および、チーム対抗戦などに対応したいと思います。

(2) 掲示板 (World Shogi Forum) の内製化 [リンク]
別システムとなっていた掲示板を統合。81Dojoのアカウントでそのまま投稿が出来るようになり、ユーザ同士のコミュニケーションの利便性が向上しました。フォーラムごと、トピックごとのEメール通知設定機能も付いています。

(3) サークル [リンク]
ユーザがサークルを結成することが出来ます。サークル内専用の掲示板を使って、自由にコミュニケーションが取れます。今後は、サークル内ランキングや、サークル対抗のチーム戦などの機能に対応したいと思います。

(4) 棋譜コメント [リンク]
81Dojoの任意の棋譜に対して、ユーザがコメントを書き残すことが出来るようになりました。対局者本人の設定次第ですが、コメントは対局者にも通知されます。
また、コメント文の中で「○手目」と書かれた部分がリンクとなり、該当局面にジャンプする機能もあります。

(5) 棋譜検索 [リンク]
従来、道場アプリ内にログインしないと出来なかった棋譜検索ですが、今回の統合によりアクセスが容易なWeb上で棋譜検索が出来るようになりました。さらに、リクエストの多かった①手合い指定 ②戦型指定 ③先後指定の条件フィルタも追加中です。
ただし、データベースから過去の棋譜を検索する機能は、道場をお使い頂いている皆さまに提供するものとの位置付けから、検索時にはマイル消費が発生します。1回あたりわずか3マイルですので、道場にログインしたり対局している方にとっては全く問題なく何度でも検索して頂くことが出来ます。
従来からお使い頂いている方にとっては、これまでに無かったマイル消費の追加となってしまいますが、長らくお使い頂いているユーザに対しては別途、特別優遇措置を取っていきますので、ご安心下さい。

(6) 対局マナーの相互評価
対局後に、相手の対局マナーを「良い」・「悪い」で評価できるようになりました。個別の評価結果は相手には通知されず、誰にも分からないようになっています。特に「良い」「悪い」が無ければ、無理に評価して頂く必要はありません。
ユーザクラスが一定以上に上がりますと、例えば挑戦してきたユーザの評価統計を見れるようになります。

(7) アバター画像登録 [リンク]
ご自分でアバター画像をアップロードして頂けるようになりました。ただし、対局中常に相手の目に触れる画像であることから、画像の内容によっては受け付けない場合があります。

(8) 棋力対応調査 [リンク]
当道場では、一般の町道場で通用する棋力名称に基準を概ね近づけるようにしており、そのための棋力対応調査を定期的に行ってきました。(前回の調査結果はこちら) 今回から、その調査を常時継続的に実施します。

(9) ランキング
 [リンク]
こちらも、従来は道場アプリにログインが必要でしたが、Webから閲覧出来るようになりました。さらに、今回から「地域ランキング」を追加。「欧州ランキング」「南米ランキング」などを見ることが出来ます。

(10) 新着情報
マイページのトップには、各ユーザに個別にお届けする新着情報を表示しています。大会・サークル・掲示板・棋譜コメントなど、各ユーザに通知すべき内容が届けられます。今後は、道場アプリログイン時にも画面に表示したいと思います。


上記の他にも新たな機能がいろいろあります。まだご覧になっていない方は、リニューアルされたWebシステムを是非お試し下さい。


青野九段考案の「9マス将棋」に人気が集まっています。たった3×3マスで、短時間で将棋のエッセンスを楽しみながら学べるということで、初心者への普及が進みそうですね。

 発売前から話題殺到!プロ棋士すら楽しめる「9マス将棋」が奥深すぎる (将棋連盟 コラム) 

この「9マス将棋」、実は5年ほど前から81道場ではプレイできるようになっています。 81道場で遊べる将棋は全25種類。いくつか紹介したいと思います。
あわせて、81道場で選べる駒デザインのバリエーションの一部も、画像を交えてご覧いただきます。(画像はクリックして拡大して下さい)

■9マス将棋
いろいろな初期局面の中から、代表的な「持ち駒: 銀歩」のバージョンを収録しています。
20161001-9masu

■京都将棋
一手指すごとに駒が裏返る、感覚破壊ゲーム。白熱すること必至です。
20161001-kyoto

■ゴロゴロ将棋
こちらも将棋連盟考案。金と銀の使い方(動かし方、押し上げ方、厚みの作り方)や、複数の持ち駒を使っての並べ詰をトレーニングすることが出来ます。
20161001-goro

■トンボ
小田切秀人指導棋士推奨の駒落ち。通常の駒落ちよりも下手の指導に適していると言われています。
20161001-tombo

■青空将棋
9×9マスでも、短時間で駒の動きや終盤まで学べる配置。歩がある将棋よりも、高効率です。
20161001-aozora

■どうぶつしょうぎ
こちらは専用デザインを収録させて頂いています。
20161001-dobutsu

大会運営機能と組み合わせて、いろいろお楽しみ下さい
上で紹介したバリエーションはごく一部です。また、81道場の新機能「ユーザ主催大会の自動運営機能」と組み合わせることで、「どうぶつしょうぎ大会」・「京都将棋大会」など多彩な大会を開くことができます。是非お試し下さい。

 ※過去に開催頂いたユーザ主催大会の例:


2/27(土)より、第6期女流王座戦の海外招待選手を決めるオンライン選抜大会が開催されます。今年で3回目の開催となります。今年はどの国から招待選手が選ばれるのでしょうか。是非ご注目下さい。
今期から、直近の対局予定が自動で表示されるようになります。観戦できる対局を選ぶのに便利ですので、是非ご覧頂き、選手の皆さんを応援して下さい。

よろしくお願いいたします。



81DojoのWebシステムをリニューアルしたことにより、Web側の新機能の開発が進んでいます。アバター画像の登録機能に続いて、現在「大会運営システム」を開発中です。

81Dojoの公式棋戦のひとつである「第3期 新星戦 (英語タイトル: Supernova)」を題材として、大会運営システムのテストを進めて来ました。

  第3期 新星戦 (The 3rd-term Supernova Tournament)

ご覧のように、総当たりの対戦表をベースとして、大会が自動運営される仕様となっています。
  • 対局のセルをクリックすると、対局詳細ページへリンク
  • 対局詳細ページでは、対局相手との連絡や日程調整が可能 (Eメール通知あり)
  • 対局結果は81Dojo対局サーバから自動取得
  • 対戦表のユーザ名をクリックすると、各自の対局予定と対局結果の一覧
  • 対戦表の下には、大会全体の最新の対局予定と対局結果一覧
などが主な機能です。今のところ総当たり戦にしか対応していませんが、いずれは勝ち抜き式とスイス式に対応したいと考えています。

この運営システムを、これから一般開放に移します。どなたでも、システムを使い大会を作成し、運営することが出来るようになります。これからは、自分でサイトを作って、参加募集をかけて、対戦表を組んで、結果を更新して、という手間をかけなくても81Dojoでのイベントを企画・運営して頂けるようになります。

先行テストとして、希望者の方に先行して大会作成権限を付与させて頂きます。 運営のテストをして下さる方は、info@81dojo.comまで企画される大会の内容とともにご連絡をお願い致します。仲間内での1日大会など、簡易的なものからでも構いません。


↑このページのトップヘ